#The Economistを読む

英エコノミスト(The Economist)の最新記事を日本語で共有します

The Economist最新号が出ました(2020年5月16日号)

f:id:Simple333:20200518062941j:plain

今週号のLeaders(看板記事)のタイトルは↓


Globalisation unwound
Has covid-19 killed globalisation?
The flow of people, trade and capital will be slowed

新型コロナウィルスはグローバリゼーションを葬ったのか?
人、貿易、資本の流れが鈍化する

 

The Economist金融危機あたりから長年、グローバリゼーションの衰退を警告し続けてきたのですが、新型コロナウィルスのパンデミックがとどめを刺した、と考えているようです。記事は、以下の文章で始まります:

 

EVEN BEFORE the pandemic, globalisation was in trouble. The open system of trade that had dominated the world economy for decades had been damaged by the financial crash and the Sino-American trade war. Now it is reeling from its third body-blow in a dozen years as lockdowns have sealed borders and disrupted commerce.

 

世界的な危機が起こったときにグローバルなリーダーシップを発揮してきた米国が近年は内向きになり、一方で急速な経済成長を背景に台頭してきた中国はその役割を引き継ぐ意欲も資格もない、と「グローバルガバナンスの欠如」を憂えています:

 

The underlying anarchy of global governance is being exposed. (中略)America has been reluctant to act as the world’s leader. Chaos and division at home have damaged its prestige. China’s secrecy and bullying have confirmed that it is unwilling—and unfit—to pick up the mantle.

 

こちらの和訳をNoteで2回に分けて共有していますので、どうぞご覧ください。

 

note.com

 

ちなみに、後編に

 

エアバスは生産の3分の1を削減し、グローバリゼーションの象徴であるエミレーツ航空は2022年まで回復は見込めないとしている。(原文:Airbus has cut production by a third and Emirates, a symbol of globalisation, expects no recovery until 2022.)

 

というくだりが出てきます。エミレーツ航空ってグローバリゼーションの象徴なの??調べてみたところ、エミレーツ航空が拠点とするドバイそのものが、グローバリゼーションの申し子でした。以下の記事がとっても参考になりました↓

派手に見えて中身は堅実、ドバイの知られざる顔 – 國學院大學

 

それではまた。

 

英国The Economist(エコノミスト) 43%OFF | The Economist Newspaper Limited | Fujisan.co.jpの雑誌・定期購読